グローバル・コーディネーター(GCD)

新素材(循環型・CFRP/バイオマス等)

影山 裕史

Kageyama Yuji
学校法人金沢工業大学 大学院工学研究科高信頼ものづくり専攻 教授

一言メッセージ

コロナ禍の今だからこそ、将来に対し地方との今まで以上に密な対話が必要。地方のあるべき将来像と現状とのギャップの視える化を通し、中央と地方が連携する産官学(民)体制で問題を発見することから始まる。改善のポイントは、人、モノ、金、情報、が自然に循環し、更にはレベルアップして戻ってくる個性を活かした地域型循環社会の仕組みづくりであり、創意工夫を基調とした地域主体のものづくりをお手伝いできればと考えている。

プロフィール

東京工業大学有機材料工学修士課程修了後、トヨタ自動車入社。東富士研究所での自動車ボデーやユニットの軽量化およびバイオプラスチックスの研究に従事。その後、PLA部材の車載や本社技術部でのレクサスLFAのCFRPボデーや水素タンクの量産化開発を経て、定年と同時に現職に就任。講義の他、企業との共同研究やコンサルにて研究開発に携わり、また、政府系では「環境省NCVプロジェクト」サブプロジェクトリーダーを歴任、現在、NEDO「革新的新構造材料等研究開発」サブプロジェクトリーダー、NEDO技術委員、経産省「CASE技術戦略プラットフォーム」委員、富士市「CNF関連産業推進懇話会」委員などを兼任。

<< 江川 雅子 | GCD一覧へ戻る | 梶川 裕矢 >>