グローバル・コーディネーター(GCD)

通信・エレクトロニクス

川西 哲也

Kawanishi Tetsuya
早稲田大学理工学術院基幹理工学部電子物理システム学科 教授

一言メッセージ

わくわくするようなプロジェクトにご一緒できればと思います。まずは、海外「=海の外」と国内を別個に考えることなく、グローバルが当たり前にすることをめざして、少しでもお役に立てるようにがんばりたいと思います。

プロフィール

京都大学大学院修士課程修了後、松下電器を経て、京都大学大学院博士課程修了、博士(工学)取得。京都大学ベンチャービジネスラボラトリー特別研究員を経て、1998年郵政省通信総合研究所(現国立研究開発法人情報通信研究機構)に入所。元同機構光ネットワーク研究所光通信基盤研究室長。電気工学・電子工学の分野で活動。2004年カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員。2013年IEEEフェロー。専門は電気信号を光信号に変換する部分である光変調に関連する分野。スピードだけではなく、圧倒的な正確さにこだわるというスタイルで研究を進めてきた。精度の高さが生かされた分野としては電波天文への応用が挙げられ、世界最大の電波望遠鏡ALMAの基準光信号にも使用されている。最近では滑走路や線路の安全を監視するためのレーダーシステムにも応用を進めている。総務省異能vation スーパーバイザー。

<< 加藤 百合子 | GCD一覧へ戻る | 國井 秀子 >>