分野別エキスパート(XPT)

食・農業 地域商社

阿部 憲三

Abe Kenzo
有限会社漂流岡山 代表取締役

一言メッセージ

農業のボトルネックは「どう作るか」ではなく、「どう売るか」です。Iターン・Jターンの若手農家と協力して販路を見定め、必要数量に沿った計画的な生産で、普通に売れて、普通に食っていける農業を実践することで、中山間地域がより活気がある地域になるよう頑張って行きましょう。全国の中山間地域をご支援していきたいと思います。

プロフィール

2001年 有限会社漂流岡山創業。
当初は岡山の特産品である桃の生産・流通のあり方に疑問を感じ、改革意欲のある若手農家と連携して独自のインターネット販売に取り組む。その後、農家の減少や農業の衰退の根本的な原因は「普通の農家が儲からない」ことであり、その理由は生産と流通の仕組みがいびつだからだと思いいたる。
現在ほとんどの地域では大規模な産地の一般市場流通と小規模な年金受給農家が直売所などに直接出荷する小規模流通に販売経路が偏っている。
中山間地域で人口減少が続き、IターンやJターン移住者が農業で成功しづらい現状を目の当たりにし、彼らIターンやJターン移住者と地域内の販路を結び付け、需要予測にのっとった計画生産の農産物を新たに地域内で流通させる地域内中規模流通の仕組みを考案。
地域で生産された農作物を大都市圏など地域外に出荷するのではなく、地域内に販路を切り開く「地産地商型」に集中した「地域商社事業モデル」の1つとして内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局や経済産業省からも注目を集めており、人口減・農業以外にあまり産業のない中山間地域を維持するためにも、現在はその仕組みを全国の他地域への水平展開を進めている。

<< 村上 三平 | XPT一覧へ戻る | 伊尾喜 大祐 >>